読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「地元の岡山理科大学が力を入れており、「これは何としても実現して欲しい」」by民進党高井たかし衆議院議員

岡山県選出の民進党衆議院議員も「これは何としても実現して欲しい」と国会審議でお願いしていましたねえ

民主党政権のときから「そのときからずっとこの問題に取り組んできている」と・・・

「高井たかし(民進党)公式サイト | 28年 4月 地方創生特別委員会にて、「国家戦略特区」について、石破大臣に...」

加えて、地方の課題も質問しました。

愛媛県今治市に50年ぶりの新設をめざす「獣医学部」について。四国4県の大学には獣医学部が一つも無く、獣医師の偏在が問題になっています。

地元の岡山理科大学が力を入れており、「これは何としても実現して欲しい」と山口俊一与党筆頭理事(徳島県選出)とともに、石破大臣に強くお願いしました。

石破大臣もかつて鳥取県に誘致を試みた経験があるそうで、前向きな答弁を引き出すことができました。

http://www.takaitakashi.com/tatakai-nikki/22074

190-衆-地方創生に関する特別委…-13号 平成28年04月26日

○高井委員 

それでは、少し観点が変わりますけれども、私は、先ほど申し上げましたとおり、この国家戦略特区は、世界一ビジネスをしやすい国にする、そういう発想からすれば……。その前に、今、山口筆頭理事がお席に戻られたので、実は岩盤規制のことで一つ質問したかったことがあります。

 それは、岩盤規制の象徴はやはり医学部の話、それから獣医学部の話。

特に獣医学部の話、四国の話でございます。

愛媛県今治市獣医学部が特区のメニューの中に入ったということで、実はこれは、新聞記事を持ってまいりましたけれども、十年来の悲願だと。

 私も実は、民主党政権のときにも国会議員をやっていましたけれども、そのときからずっとこの問題に取り組んできているんですけれども、実は獣医学部というのは半世紀新設されていないんですね。

ところが偏在があるんです、獣医さんの数というか、まず大学が四国には一校もない、それから中国、四国合わせても二大学しかないということで。

私は岡山ですから、非常に中四国で獣医さんが足りない、やはり大学がないとなかなか県庁とかそういったところで採用しようと思っても採用できないという問題があって、ずっと要望し続けてまいったんですけれども、なかなかこれが実現しなかった。

それが今回の国家戦略特区で一つの希望が見えてきたわけではありますが、しかし、まだこれは決まったわけではない、これからいろいろな課題があるということなのであります。

 私は、きょう文部科学省に来ていただいていると思いますけれども、これはぜひ実現をしていただきたいと強くお願いいたします。いかがでしょうか。

■「総理のご意向」文書、菅長官「報道の事実ない」と否定

(朝日新聞デジタル - 05月17日 12:40)