読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推理マニア

気が付くとGWなんぞとっくに終わり、5月も中旬を通り越そうとしておりました

色々バタついてはおりますが、とりあえずぼちぼち生きてます

諸事情で遠出が出来ないもんで仕事以外はほぼ家に引き蘢りで

最近は推理小説読んだり、その手の映画やドラマを観るのを

楽しみにしている生活であります

その中から数作品ペペペッと感想を書かせてもらいますと〜

『視覚探偵 日暮旅人』

殿〜

年明けの連ドラでもありましたが、今回観たのは数年前放映された

スペシャルもの。

この作品の面白さは以前日記でも書いたんで省略させてもらいますけど

このスペシャルの時点で完成した面白さの作品になってました

ぶっ飛んだストーリーと謎解きの中に

人間関係とか心の描写とか2時間でよくまとめてあって凄いな〜と

ラスト主人公旅人と少女ていちゃんの血の繋がりはないけど

親子以上に親子な会話には泣けます

連ドラではブラックな面も出してましたけど、このスペシャルでは

ひたすら殿の優しい演技にくらくらもんです

『秘密』

これにも殿が出てます

私はこの原作の漫画の大ファンなんですが、

実写化でのメイン2人のキャスティングが

あまりにもイメージと違っていたので絶望して記憶から消去してたんです

ところがたまたまチラシを観たら殿が出ていて

しかも鈴木役と知り、これは観ておこうと。

友人である主人公・薪を守るために自ら死を選ぶ鈴木。

何て言うか・・・

このシーンだけで良いね。

他のシーンは要らないね。

るろ剣を作られた監督ものだけあって、確かに金使って

派手に作ってくれてましたよ。

俳優さんも良い方を揃えてたし。

でもま〜・・・

『秘密』の世界観は出せてなかったなぁ・・・

無駄な登場人物とか演出が多過ぎて・・・

そこに監督の個性を出したかったのかもしれないけど

ただ時間が長くなってしまった結果に終わってました。

後メイン2人はとりあえず演技力で頑張ってくれてたけど

犯人役の女優さんがねぇ・・・

モデル出身で初演技の方だったもんで・・・

しかも大抜擢される程の容姿でもなく・・・ゲフゲフフ

殿の美しい涙が観れたから良しとします

ラストは『御手洗潔 星籠(せいろ)の海』

こちらは私が大好きな探偵シリーズの劇場版なのですが

キャスティングは良かったです

演技力ある方達を集めて下さってて落ち着いて観れました

クールで変人な天才探偵・御手洗潔玉木宏さんはピッタリ

ただちょっと低音ボイスなお声が良過ぎて、難しい台詞や推理を滔々と語る時

聴きとりにくかったかも

ただこのシリーズは御手洗とコンビで石岡くんてのが居るんですが

映画には登場せず、わいわい騒ぐ女の子をコンビとして出してて

そこは唯一要らん変更だったな〜・・・と。

テレビドラマでは堂本光一くんが石岡くんで出てくれてたのに。。。

大人の事情なのかなぁ

ロケが福山で長期になるから、光いっちゃんを押さえられなかったのかも。

作品のストーリーは、なかなか難解なとこもあって

島田荘司先生の世界を好きな方じゃないと

退屈しないかなぁ・・・と心配になるとこもありましたが。

美しい瀬戸内海を観てもらうには良い作品になってたと思います

次は去年上映されたSHERLOCKを観てみるとします