読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山葵の抗菌作用

山葵には、アリルイソチオシアネートが含まれており、

食中毒の原因菌の増殖を抑制させる働きがあります。

白血球を活性化して、大腸菌サルモネラ菌O−157

腸炎ビブリオ黄色ブドウ球菌などに効果があります。

血小板の凝集を防ぐ効果があり血液をサラサラにして

血栓を防止し心筋梗塞脳梗塞などの予防になります。

また、唾液の分泌が促されて食欲増進の効果が得られ、

胃腸の内壁が刺激されて消化・吸収の助けとなります。

野菜や果物が出すエチレンガスの発生を抑制する力が

あり、青果物の鮮度を保持し老化を防ぎます。

(写真は、葉山葵です。)