読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

張り裂けるほどの悲しみ。

すごく痛ましい事件です。

お母さんと幼い子供の三人の、四人家族。

どういった家庭の事情があったのか分かりませんが、

夜に五歳の長男、四歳の長女、八ヶ月の次女を置いて、仕事に行かなければいけないほど、

大変な状況だったのでしょうか?

自分なら、まずそんな幼い子供を、赤ちゃんまでいるのに、

夜に置いていけないし、

トーブやライター、コンロなど、火を使うものは一切置かない・気を付けるのは分かっていても、

まさか、電子レンジから出火するとは思わなかったかも知れない。

周りに、面倒を見てくれる人がいなくて孤立していたのか?

こういった、本当に追いつめられている人たちの為に行政があり、

こういった状況のシングル・マザーの為に、

夜間の保育所を無料で利用できるようにしたりするのが、

本当の社会福祉だと思います。

今の社会は間違っている。

亡くなられた四歳の長女、

意識不明になっている五歳の男の子と、八ヶ月の赤ちゃんも、

幼いぶん、とても心配です。

お母さんも、好きで幼い子供たちを置いて、働きたいわけじゃないし、

ずっと、心配しながら、仕方なく働いていたのではないか?

そして最悪なことが起きてしまった。

こんな世の中を変えたい。

これ以上、こんな不幸が起きて欲しくない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

埼玉県さいたま市南区沼影のマンションで、子供3人が意識不明の状態で見つかる火事が起きました。

このうち、長女の死亡が確認されました。

発表によりますと4月19日午後9時50分ころ、さいたま市南区沼影の8階建てマンション「マ・メゾン寿」で、このマンションの1階に住むアルバイト従業員・大和田歩さん(31)の部屋から出火し、火事が起きたということです。

このマンションの別の部屋に住む男性(57)が火災に気付き「マンションの一室から煙が出ている」などと消防局に119番通報したことで発覚。

この通報を受け消防隊や救急隊が現場に駆けつけたところ、大和田歩さんの部屋から白煙が上がっていました。

火は出火から約35分後に消し止められました。

この火事で長女・大和田結愛ちゃん(四歳)と長男(五歳)、生後8ヵ月の次女の計3人が病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、3人とも煙を大量に吸い込んでおり、このうち大和結愛ちゃんの死亡が確認されました。

また、長男と次女も意識不明の重体です。

埼玉県警浦和署によりますと、大和田歩さんは子供3人と4人暮らしの母子家庭だったということです。

当時、大和田歩さんは子供を自宅に残して外出中で、部屋には子供3人だけでした。

この火事で大和田歩さん方の居間の床と壁など8?が燃えたということですが、現時点では、出火原因などについての詳しい情報はわかっておりません。

大和田歩さんは警察の調べに対して「仕事で外出していた」などと話しました。

浦和署は、大和田歩さんから事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

現場はJR武蔵浦和駅から南西に約800メートルのマンションなどが建ち並ぶ住宅街。

大和田さん方の隣の部屋に住む女性(50)は「玄関を開けたら、隣の部屋の換気口から黒い煙が噴き上げていた。部屋のインターホンを押しても応答はなかった。その後、子ども3人が救急車で運ばれていった」と当時の状況を振り返った。

また同じマンションに住む別の50代女性は「サイレンの音が聞こえたので外に出たら、焦げた臭いがして火災だと気付いた」。

また、現場近くの別のマンションに住む40代の主婦は「現場のマンションにストレッチャーが何台か入っていくのが見えた。3人の子どもが巻き込まれるなんてかわいそうだ」と話した。

近くに住む30代の主婦によりますと、大和田さんが結愛ちゃんをどこかに送りに行く姿がよく見かけられていたといい「夜に子どもを部屋に残して出掛けることを知っている住民が結構いて、消防隊が駆け付けた時も『室内に子どもがいるかもしれない』と教えていた」と語っていました。

警察と消防が実況見分を行った結果、台所脇の床に置かれていた電子レンジ付近が激しく燃えていたことが新たに判明しました。警察は電子レンジが火元になった可能性もあるとみて、原因を詳しく調べています。

https://news.biglobe.ne.jp/topics/domestic/0421/73615.html

https://mainichi.jp/articles/20170420/k00/00e/040/230000c.amp