読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇跡

久しぶりに仲間が集結!

それぞれ家庭を持ったり、子供できたり、仕事に奔走していたり、かつてほど集まれなくなる中、これではいけない!と大号令をかけまして、近況報告会をうちで開催しました。

四年ぶりくらいに集まりました。

子連れで集まる日が来ようとは感慨無量ですよ。

私もそうですが、やはり日々の生活が優先してしまい、集まるためになかなか重い腰が上がらないのも事実です。また、生活リズムも違い、さらに仕事もありますから集まること自体が非常に難しいのです。が、やっぱり集まるタイミングだったのでしょう、めっちゃたくさん集まった!座るスペースに苦慮するくらい集まった!

離れてた時間は一気に戻ってくるし、みんな仲良くワイワイ。

子供たちもはじめましてなのに、どんどん仲良くなって親子共々仲良くなるって本当に素晴らしい。素敵な光景でしたよ。

モリくんが久しぶりに新曲を弾き語ってくれました。

響く声に自然と涙が溢れてくる…

あっ、彼も近くにいる気がする…

彼との楽しい思い出がたくさん蘇ってきて…

歌の後、アルバムを広げて懐かしい過ぎ去った日々を仲間と語り合いました。

せっかく出逢った仲間たちだから、これからも疎遠にならないように繋がっていこうと約束しあってお開きとなりました。

ひとり片付けながら、春の風に身を任せてコップ酒。

毎日見ている空間なのに、不思議なくらいスッキリしてる。この場所を作ったときの思い、設計してくれた河村さんの思い、さまざまな思いが蘇ってきて、自分が当初何を目指していたのかをじわじわ思い出した。

もう一度、ここで初心に帰ってやり直そう。

ふと思った。

仲間のために、亡くなった友達のために、これから出逢う人たちのために、もう一度、やり直そう。

ただただがむしゃらに働くのではなく、大切な時を共有できるゆとりを持とうと思った。

難しいけどね、、、目指したい。

片付け終わって、やたらスッキリした空間に「今日は来てくれてた?」と彼に話しかけてみた。

声は聞こえなかった…

でも、炊飯器に付いている時計が無意識に目に入ったら「22:22」

このゾロ目の数字、私がやたらよく目にする数字なの。

ゾロ目にはそれぞれ意味あるからね(笑)

炊飯器の時計、正確な時間を示していないから私は全く見ないんだけど、そのときだけ目に入った。

多分彼からのメッセージ。

モリくんの誕生日は「2月22日」