読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社員旅行の記憶

26年前、親会社からの出向で食品メーカーに在籍していた頃、

営業部に身を置きながらCK(セントラルキッチン)の従業員旅行に誘われた。

当時高圧的に作業依頼を出す営業部と年中手一杯のCKには確執があったが、

催事等の予定に関して事前に根回していたことが好感をもたれていたようだ。

当然社内的に認められることではないが、有給ばかりか休日出勤の代休が

過剰なほど溜まっていたので代休を申請。

CKで参加できない職員の身代わりとしてこっそり参加してしまった。

深夜まで酒を呑み、麻雀に明け暮れた挙句朝のニュースに目をやると、

見慣れた親会社のビルが映っていて、入口に同僚らが並んでいた。

その中を東京地検捜査員が身分証明書を見せながら通過していく。

オーナーの巨額脱税事件発覚による強制捜査だった。

本来新聞各紙の一面を飾るはずのニュースだったが、同日に

安倍晋三現総理の父安倍晋太郎氏が逝去。加えて当時の横綱千代の富士

引退を発表したため晒し者を免れた。

ちなみに私の30歳の誕生日だった

会社が社員旅行や社員研修をやりたがる隠された理由とは…?