読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先日は長男の入学式でした

 まぁ、参加しました。

 いよいよ小学生だなぁ。

 その後、教室で「PTA]関連の書類を手渡されました。 

「任意加入団体には参加しない方針です」

 と封書に記載して、関連書類の受け取りを拒否しました。

 担任は「あ、そうですか。わかりました」だそうです。

 その後、問題があれば連絡するように言っておきましたが何もありません。

 PTAの自動加入制度自体に問題があります。

 ただ、それに問題を感じない人が多いのであれば、ご自由に。

「子供が小さいうちに役員やっといたほうが楽だよね」とか言っていたお母さん方、PTAに参加しない方法もあるのですよ。

もちろん、金や人手が必要なら手助けはします。PTA会員である無しは関係ありません。

しかし、金や人手が毎年足りないからPTAがボランティアで賄っているというのもおかしな話です。

子供の為に

 そういえば、みんな逆らえない風潮がありますが。

 考えてみれば、バスや電車も「公共」のものです。

 じゃぁバス会社や電車の運営会社が「みんなのためだから乗客のなかからボランティアで人を出してください」とは言わないでしょ?言われたら「ハァ?なんで?」というでしょ。

 小学校の運営も一緒。人手が足りなければ募集すればいいし、その予算も然るべきところに請求・申請すればいい。足りないなら、しょうがない。

 運動会などのイベントの警備がうんたらとか言っていましたが、何の訓練も受けていない保護者が警備員として役に立ちますか?元軍人としては、素人が何人いても関係ないです。警備の保護者、子供を合わせて過去に例をみない大量殺戮、十分可能です(しませんよ)。

 問題は、そうやって「こどものために何かをやった」というアリバイ作りでごまかそうとする大人の存在で。本気で警備する気なら、警備員としての護身術、必要でしょ。素人がたってても無駄。

 まぁ、いいけど。

 とりあえず、うちはPTAには加入しません。あっさり通りました。