読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車検顛末

ZZRの車検が上がって1ヶ月!受け取り後の擬装がホボ終了

始動性の悪さはキャブのフロートの劣化が主な原因と、更に燃料ポンプが(バッテリーの電圧低下から)動いてなかった(動きづらかった)事が新に発覚

OHにてキャブのフロートとバッテリーを交換して一件は落着!

タペットクリアランスも調整してヘッド周り、プラグホールのオイルシールも全て交換

ここで今回の一番の問題の『バッテリーの電圧低下』細かく言えば『始動時の…』についての一考する!(^o^)

我が愛機『ZZR1100C』の発電圧だが(デイトナ製)電圧計によると最大で15V有る

加えてバッテリーは補水式の為、バッテリーに高めの電圧をかけ続けると、バッテリー本体の温度が上がって液面が(バッテリー液が蒸発して)極端に下がる

真夏日のツーリング後の液面がLOWレベルを軽く割る事も度々!

バッテリーが古くなると顕著だった(--;)

で、

バッテリー保護の為に外付けで、市販の『コンデンサー』を付けて、電気の逃げ場を設けた訳だったが……

一つ大きな勘違いをしていた(^^;

この『コンデンサー』電圧の高低関係なく電気を蓄える!コンデンサーとしては当たり前の物

従ってエンジン始動中は余剰と思われる電気を蓄えるが、止まっている時、今度はバッテリーから電気を吸って?いる事に気が付いた

コンデンサーを計っ見ると絶えず7〜8Vの電圧を維持している

その時のバッテリー電圧は11V台から最悪10Vを割っていた

今回の擬装でこの『コンデンサー』は勿論取り外した

とりあえず!

取り付けていた『コンデンサー』だが、以外と有名所の商品で、更に付け加えるなら、これ自身に問題がある訳では無い

あえて申し添えて置くならば、そもそもコンデンサーとはそう言う物である!

要は、

エンジン始動時には外れており、その後走行中は接続!

そして停止時には、又外すと(外れる)言った運用に変えれば良い訳だ

と言う訳で新たな仕掛けの思案中である(^○^)

あえて言おう!

『電気関係は難しい』

と……

お粗末! d=(^o^)=b