読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事件のからくり

豊中の小学校用地の件、

役者が見えて来た。

平野博文民進党議員の選挙区は大阪11区。

松原仁民進党議員は日本会議国会議員懇談会所属。

森友学園文科省が表彰した当時、

平野博文文部科学大臣民主党大阪府連の代表だった。

森友籠池:「小学校を作りたい。けど金は無い。」

大阪府に相談。

籠池の知り合いの(維新)松井府知事も橋本代表も「ダメ。」

籠池:野田政権下の文科大臣平野博文松原仁に相談。

平野、松原:よっしゃあ、箔付けたる。表彰したらぁ。

松井:拍がついたなら、近畿財務局とコンタクトしたる。

財務省:色々あったけど払い下げします。

事の発端は維新の松井。

それに民主党の平野と松原が噛んでいる。

財務省を動かせるのは、自民党の麻生か二階。

麻生が動かせるのは理財局。

二階が運輸大臣の時の秘書官は、

H24.9まで大阪航空局長。

当該土地の所有権に、ちょっと不可解な動きがある。

役者が浮かび上がって来たぞ。

さて、後はマスコミがどこまであぶりだせるか。

それともヘタレて闇の中に消えるか。

ひとつ言える事は、

民進党には、特大ブーメランが突き刺さるという事だ。